愚かなるひとり言      

アクセスカウンタ

zoom RSS RED BULL 400m走

<<   作成日時 : 2017/05/22 17:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

世界一過酷な400m走に参加して来ました。

札幌大倉山ジャンプ台の下から上までの400mを走って登る400m走。
今年は日本初開催となり世界13ヶ国でレースが開催されている。
この大会の予選を突破し決勝で勝と7月のドイツ大会に招待される。

ゴールから下を見る。
画像


この大会がある事を知った時、体中に電気が走った。
これだっ!!    ってね( ^ω^ )

スキージャンプ選手がジャンプをしてテレマークを決めて止まる所がスタートになります。
ゴールはジャンプ選手が滑りだす少し上になります。

スタート前のひと時
画像
画像


最高斜度は37度と書いてありましたが前日に現地を下見してきたら50度くらいに見えました。
個人の部は300人で50人ずつの6ヒートに別れてスタートします。

私のゼッケンが1番だったのでもしかして年齢順?
スタッフに聞いてみたら
高齢者から1番〜と言う事で私が最高齢者との事でした(◎_◎;)
60歳代の人はもう一人いて61歳のKさんでした。
なのでKさんがゼッケン2番です。

制限時間は15分 20分後には第2ヒートグループのスタートです。

11時に1ヒート(1グループ)のスタートです、緊張しまくり
そしてスタート!!

短距離超超超超超苦手の私、飛び出すもすぐに後方確保^^;
画像



最初の100mは軽い下りなのでみんな速い。
ネットの張ってある傾斜ゾーンに入り少し走りにくくなります。
どこから手を使うか?横目でチラリ
傾斜はアッという間にきつくなって足だけでは登れなくなりました。
ここからは20p四方くらいの大きさの四角いロープをつかんで登ります。
もうすでに走ることはできません、前進するのがやっとです。

すでに心拍数はMAXに... いやMAXは遥かに超えている。
結構腕力も使います、上までもつかな?

のどが渇く...
上も下も横もどこも見れない...。
ただ網目に足をかけて網をつかんで上に進だけだった。
どこまで登ったのかもわからない。
後ろも前も見る事が出来ない。
なんて楽しい瞬間なんだろう...そう思った。

ただ、いつまでこれをやっていればいいのか?

少し傾斜が緩くなった、少し走れた、5〜6人は追い越した。
木の板のコースになったのでゴールが近いのがわかった。
そこでも2人くらい追い越した。
そしてゴールした。

しばらく咳が止まらなかった。
完走タイム 7分10秒76  1ヒート 50人中21位
画像


レースには参加賞のTシャツを着用する事になっています。
参加費4000円のわりには完走メダルもあってお得な大会です。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
面白い大会ですね。
次男が大倉山の近くですので
来年挑戦したいです。
せぇ
2017/05/22 18:29
あっーーーーーー、ご無沙汰してました。( ^ω^ )
制限時間15分なので完走できます、来年是非。

みぃ
2017/05/22 19:06
おぉ〜っ!
このジャンプ台を駆け下りるのかぁ〜っ!
…と思ったら、まだ上りでよかった…
くま
2017/06/11 15:46
下りだったら15分はかかるでしょうね〜
沢登りの高巻きと比べるとだいぶ楽な登りです。
熊本県でもレッドブルの白龍走があるんですね。
どう?V(^-^)V
みぃ
2017/06/14 19:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
RED BULL 400m走 愚かなるひとり言      /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる